”ツボ”の勉強

臨床鍼灸講習

先日の臨床鍼灸講習

「ツボの作用」や「ツボの取り方」そして「特効穴」などツボ尽くしの講習会でした。

伝統医学的なはり灸をする鍼灸師にとっては「ツボ」はとても大事なものです。いまさらツボの取り方?と思うかもしれませんが、学校では教えてもらえない臨床的な取り方などを研究。

東洋医学の特徴として全身のバランスをととのえることにある、そのために「脈診」という脈を触り全身のバランスの状態を確認したり、「腹診」というお腹の緊張やこりをさわり内臓や経絡の反応を感じ施術方針をきめてそれに最適なツボにはりやお灸をする。

全身のバランスをみるとは気・血・水の偏りや滞りなどの状態を把握することで、それが脈診や腹診にあらわれると考える。たとえば寒熱(冷えの状態、熱の状態)というものがあり、冷え性の方は足が冷たいとかねんざしたら腫れて患部が熱くなるなど。そしてバランスが整うと足が温まり、患部の熱がとれると考える。

それで脈やお腹のバランスがとれてすべてが解決すればいいのだが、人間のからだはそうそう簡単に変わるものでもないと私は考える。

そんなとき特効穴というものが鍼灸にはある。字面からしてもいかにも効きそうな響だが、実際にそうだ。

しかしその本当のちからを引き出すためにはすこし工夫が必要で、コロンブスの卵のようなものでそれだけ?と思うかもしれないがそれがとても大事。

講習会では普段よくつかっているツボでも「1つの点」で考えるのではなく、「いろんな点」として考えることが合理的で応用がきくと分かった。ツボと他の経絡との関係も実技をしてみるとよくわかる。

先人の残したツボの取り方はそれぞれ違っている、それぞれの考えが違うから当然そうなる。先生の取るツボと私の取るツボが違うし、ほかの人が取るツボも違う。

 

特効穴のはたらき

こんな症状には特効穴ということで

・胃腸系では胃潰瘍、お腹の張り、胃痛、過食など

・運動器系では急性腰痛、慢性腰痛、坐骨神経痛、五十肩など

・婦人科系では乳腺炎、女性不眠、子宮筋腫、女性神経衰弱、更年期障害、冷えなど

・その他は手術後の回復アップ、肩こり、リュウマチ、膝水腫、むくみなど

肩こりや腰痛以外にも伝統鍼灸はさまざまな不調の改善にお手伝いできます。

ありがとうございます。

鍼灸専門【うとらはり灸院】

新潟市中央区清五郎231-1
☎025-286-0011

受付時間
☆9:00~13:00
☆15:00~19:00
定休日
木・日・祝日(詳しくはお知らせをご覧ください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です