足の冷えからくる腰痛

冷えのぼせと腰痛

Sさん:50代 女性 パート(立ち仕事)

症状:腰痛 冷え性 軽いのぼせ

職場が足の冷える環境のため冬場はレッグウォーマーなどもつけているが、足はかなり冷える。冷えがきつくなるとあしが疲れて腰痛がでる。おもに立ち仕事が中心だが、しゃがんだりすることもありそれを繰り返していたら徐々に痛みがつよくなってきた。

のぼせの程度は軽いめまいや気持ちわるくなる感じで、吐き気や嘔吐はない。

所見:足の冷えはくるぶしから足先にかけて冷えていて、足の指はしびれのような感じもある。腰痛は痛みとおもだるい感じがあり、前後に曲げるのがこわい。

施術内容:足を温めることを第一目標とし、そのための全身調整をする。おもに腰のこりや足のこりをに合わせはりを使ったりお灸をしたりする。ひとくちに「コリ」といってもいろいろなコリがあり、そのコリの性質に合わせ鍼など使い分けます。

おもに使うツボ:復溜、崑崙、大腸兪、足三里、関元、百会、など

その後の経過:はじめてはり灸を受けたあと、足が温まり不思議な感覚だった。腰痛は少しいたみはのこるが施術まえとくらべるとだいぶ腰が軽くなり、頭や首などの熱感もひいた。その後の鍼灸施術をしたあと腰痛はほぼなくなりスッキリし、元気に仕事復帰となりました。

足の冷えがあり、腰痛や背中の痛み・かたこり・めまいなどの症状がでるかたも多いです。冷えのぼせとわれる状態で、腰から下が冷え(血液の循環が不足した状態)て、上半身に熱の症状がでやすくなります。

体質とも関連しますので肩こりや頭痛として症状が出る人もしますし、口が乾く・鼻が乾くなどの症状があらわれる方もいます。

更年期障害にもにた状態です。

はり灸はそのような状態を変えることもできる療法の一つです。また、ふつうの肩こりなどもおなじような考え方で施術をすることも多いので、安全に確実に冷えをとりのぞくことで肩こりの改善ににもつながります。

鍼灸専門【うとらはり灸院】

新潟市中央区清五郎231-1
☎025-286-0011

受付時間
☆9:00~13:00
☆15:00~19:00
定休日
木・日・祝日(詳しくはお知らせをご覧ください)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です