妊婦さんケア

妊婦さんも安全に安心してはり灸を受けられます、妊娠のステージに応じて特有の症状がありますがはり灸で貢献できるものをまとめました。

ステージ おもな症状 備考
妊娠前期 つわり、食欲不振、だるさ 慎重なはり灸が必要
妊娠中期 つわり、肩こり、腰痛 安産灸ができる
妊娠後期 逆子、腰痛、むくみ 逆子はり、安産灸

 

妊婦さんにとっていいといわれるツボやお灸の情報などもあふれていますが、妊娠のステージによってお灸を避けた方がいい時期やツボなどもあります。セルフケアを望まれる方は、それらの情報にくわしいプロにお尋ねいただくとリスクを避け安全にできるとおもいます。

産後のケアもはり灸で

産後のケアは女性にとってとても大切です。出産するときは、骨盤をつくっている骨の連結部baby-feet-847202_960_720分がゆるみ赤ちゃんがでやすくなります。そのあと、骨盤のもどり骨盤のしまりが完全にできないといろいろな不調がでやすくなります。骨盤の開きがあると、内臓が下におちてくるため代謝がよくなくなりやせにくくなるとか水太りしたりむくみがでたり、腰痛や失禁になったりするかたもいます。骨盤はからだの真ん中にあるので、腰痛・ヒザ痛・むくみ・足がつるなどの下半身の症状、肩こり・頭痛・目の疲れ・口の渇きなど上半身の症状もでやすくなりがちです。

はり灸でも安全に骨盤調整ができます、からだの中心の骨盤まわりがしっかりしてくると体が軽くなりいろいろなところにいい影響がでてきます。