更年期症候群

更年期症候群はホルモンバランスの乱れによるからだやこころの不調で、自律神経失調症の一つと言われます。エストロゲンの減少と卵胞刺激ホルモンの増加によりホルモンバランスが乱れることでホットフラッシュや大量発汗が引き起こされます。そこにストレスなどの精神的な要素が加わり更年期症状があらわれます。また近年、30代ぐらいの更年期にはまだ早い年齢であるにもかかわらず更年期症状があらわれるプレ更年期症候群(若年性更年期症候群)が増えてきていると言われています。ストレスや生活習慣なども原因の一つと考えられます。

はり灸ではこうする

はり灸では更年期症状を肝や腎のはたらきの低下と考えます。肝のコントロールする血の過不足と腎のコントロールする水の不足により、いままでコントロールしていた熱をおされられなくなり、からだのいちばん上にあるあたまから汗が吹き出ます。また頭痛や肩こり、手に熱がこもりやすなります。急激に大量に熱を発散すると逆に冷えの症状があらわれやすくなります。冷えの症状と熱の症状がかわるがわるでてきます。

体質やからだの状況によりどのように冷えをおさめるか、熱をさますかそれぞれちがいますが、肝や腎のツボを中心に施術することがポイントになります。足の冷えやコリをとるようにすることは全身の血流を改善することにもつながります、セルフケアすることでよい状態を持続することができます。

 

 

お気軽にお問い合わせください。025-286-0011受付時間
☆9:00-13:00
☆15:00-19:00
★ 木・日・祝日除く

お気軽にお問合せください